京都・宇治にある平等院鳳凰堂

五感で味わう、世界遺産でのひととき

空や風の様子は、季節が変わりゆく気配を感じさせます。

桜の季節を間近に向かえ、心を弾ませながら春の京都旅行を計画されている方も多いこの時期。

KIRAKARACHO(雲母唐長)より、歴史的建造物や美しい景色、そして唐紙作品に触れることのできる、オススメスポットのご紹介です。

 

今回訪れた場所は、世界遺産「平等院(びょうどういん)」。

 

平等院は京都・宇治にある藤原氏ゆかりの寺院です。

平安時代後期、11世紀の建築や仏像、絵画、庭園などを今に伝える「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

 

私たちは10円硬貨で毎日目にしていることになりますよね。

 

平等院鳳凰堂は、平成24年9月より修復工事が始まり、平成26年4月1日より拝観が再開され、建立当時の姿に生まれ変わったその姿は、大変美しく圧倒されます。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工紹介・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」宇治茶 唐長文様

 

そんな余韻の中、訪れて頂きたいのは、敷地内にある、茶房「藤花」。

日本茶専門のカフェです。

 

平等院鳳凰堂の修復後、新たに公開となった際、同時にオープンしたこちらのカフェは、“宇治茶のおいしさを多くの方々に伝えたい…” という想いで生まれ、ホッと一息つけるスポットとして、人気を集めています。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様

 

そしてこちらの店内。

ご案内して頂くと、唐紙師トトアキヒコによる作品「季風の道」が目の前に現れます。

 

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様「変わり観世水(かわりかんぜすい)」「楓(もみじ)」「雪花散らし(ゆきはなちらし)」「光悦月(こうえつつき)」

 

2014年9月、東京国際フォーラム・相田みつを美術館で行われました、トトアキヒコの美術展『唐紙の美 トトアキヒコの世界 雲母の旋律 – 400年のひととき – 』展示作品にもありましたシリーズ「季風の道」。

 

唐紙師・トトアキヒコの美術展作品「季風の道」

 

風や光、ゆらぎが感じられるこちらのシリーズは、トトさん独自の作風であり、お客さまからのオーダーも多く、みなさまに愛されているシリーズのひとつです。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様「変わり観世水(かわりかんぜすい)」「楓(もみじ)」「雪花散らし(ゆきはなちらし)」「光悦月(こうえつつき)」

 

茶房「藤花」に飾られた作品は、雲母で染められた地色に、白で文様を写し取り、美しい世界が表現されています。

遠目からは真っ白のような、そうでないような、思わず近づいてみたくなる唐紙。

引き寄せられるように近づいて見てみると、角度や自然光の方向により文様が見え隠れし、その表情はなんとも言えない美しさです。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様「変わり観世水(かわりかんぜすい)」「楓(もみじ)」「雪花散らし(ゆきはなちらし)

 

 

茶房のモダンな雰囲気を美しい唐紙が更に引き立て、癒しの時間が流れており、まさに、茶房「藤花」にぴったりな作品です。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル 世界遺産平等院 茶房「藤花」唐長文様「変わり観世水(かわりかんぜすい)」「楓(もみじ)」「雪花散らし(ゆきはなちらし)

 

私が注文したのは、これからの季節にぴったりな、宇治 煎茶の冷茶。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル・唐紙メニュー  世界遺産平等院 茶房 宇治茶 冷煎茶「藤花」唐長文様「変わり観世水(かわりかんぜすい)」「楓(もみじ)」

 

日本茶ソムリエであるスタッフさんが丁寧に淹れてくださる冷茶は、独自の技法により、お茶本来の甘みや香りが最大限に引き出され、まるで何年も熟成させたワインのような味の余韻がしばらく続きます。

「外で飲める冷茶のとしては、なかなか飲めない淹れ方です」とおっしゃる自信作からは、宇治のお茶を愛されているお気持ちが、とても伝わってきました。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工例・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」宇治茶 唐長文様

 

美しい唐紙を愛でながら、美味しい日本茶でやすらぐひととき…

こちらでホッと一息つけば、世界中から訪れた人たちの世界遺産・平等院での時間は、より深く心に残ることになるでしょう。

 

歴史あるお茶の愉しみが、今の暮らしにそったスタイルで発信されている茶房「藤花」。

唐紙もそこに、絵画のように美しく、今の光によって輝いています。

 

未来へと繋いでゆく今を、五感で感じることのできた、素敵な時間となりました。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工紹介・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」宇治茶 唐長文様

 

平等院は見事な桜のスポットとしても有名です。

芽吹くのを待ちわびている様子のぷっくりと膨れた木々達は、今年もまた、多くの方々を感動させることでしょう。

 

京都の中心部から約40分ほどで訪れることのできる平等院は、周辺に観光やショッピングスポットもあり、1日中、楽しむことのできるエリアです。

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工紹介・唐紙アートパネル・メニュー 世界遺産平等院 茶房「藤花」宇治茶 唐長文様

 

京都にお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りくださいませ。

 

■ 平等院 茶房 藤花

〒611-0021
京都府宇治市宇治蓮華116

TEL:なし
お問い合わせなどは下記(平等院)の番号にてご案内して頂けます。

 

■ 平等院

〒611-0021
京都府宇治市宇治蓮華116
TEL:0774-21-2861
営業時間:10時ー17時(ラストオーダー16時)
定休日:火曜日

アクセス:
・JR奈良線 宇治駅下車 徒歩約10分
・京阪電鉄宇治線 京阪宇治駅下車 徒歩約10分

 

…………………………………

 

【雲母唐長(KIRA KARACHO)】

TEL:075-251-1550
MAIL:info@kirakaracho.jp
(火曜・日曜・祝日休 / 不定休あり)
※ 完全予約制

HP:http://www.kirakaracho.jp
Online Shop:http://shop.kirakaracho.jp

 

雲母唐長では、今回ご紹介しました唐紙作品や襖・建具など、個人宅や各種店舗に飾る唐紙から、公共施設・商業施設などの大型空間への唐紙作品など、さまざまなオーダーを承っております。
店舗などの唐紙施工例はこちらからもご覧頂けます。