KIRA KARACHO(雲母唐長)新コレクション・ボーンチャイナ唐長文様「角つなぎ」

唐長文様が彩る幸せな食卓

[ NORITAKE × KIRA KARACHO(雲母唐長)]

 
このたび、和の美意識・精神・まごころを根底に持つ洋食器のノリタケと、代々伝わる文様と色の世界観を通じて人々のしあわせを願うKIRA KARACHO(雲母唐長)が出会い、凛としながらもおだやかで優しい、新たなコレクションが誕生しました。
 
洗練された洋食器が唐長文様をまとうことで、食卓がより美しく彩られ、また文様に潜む意味に想いを込めることで、日々食事を共にされるご家族やお招きするお客さまを、よりしあわせな時間へと招待してくれます。
 
 

[ 天平大雲 ]

 
ファインポーセレンと呼ばれる美しく透き通るような白磁の世界に、優しい空色の唐長文様「天平大雲」が浮かぶシリーズ。

 

KIRA KARACHO(雲母唐長)×ノリタケ新コレクション・ファインポーセレン、唐長文様「天平大雲」

 

雲は雨を呼ぶことから、“ 実りと豊穣 ” を表し、また、人の足を止める意味より ‘ 縁をとどめる・人が集う’ と解釈され、“ 商売繁盛 ” を表す吉祥文様としても愛されています。

優しい印象の瑞雲たちが、料理と共にテーブルに並ぶ時間は、豊かな恵みに改めて感謝し、日々の暮らしをより心からしあわせに感じられる特別な時間となるでしょう。

 

 

[ 大牡丹 ]

 

雄大で華やかな印象を与える唐長文様「大牡丹」を用いたシリーズ。

 

KIRA KARACHO(雲母唐長)×ノリタケ新コレクション・ファインポーセレン、唐長文様「大牡丹」

 

透き通った白色が引立つファインポーセレンとのモダンな色使いに、気品漂う文様が、食卓を一気にオシャレな空間へと導いてくれます。

牡丹はしあわせと高貴の象徴であり、“立てば芍薬 座れば牡丹” と美人の形容にも用いられるその姿は、日頃から美を意識して生活を送られている多くの人々の心をも、より健やかに、華やかにしてくれることでしょう。


 
 

[ 南蛮七宝 ]

 

同じファインポーセレンに、幸せが四方八方へと繋がる祈りが込められた唐長文様「南蛮七宝」 を用いたシリーズ。

KIRA KARACHO(雲母唐長)×ノリタケ新コレクション・ファインポーセレン、唐長文様「南蛮七宝」

 

控えめにも可愛く存在するその姿には、どのような料理もよく似合います。

毎日の食事に皆の健康や幸せを願う優しいその人も、より一層しあわせを感じられるような… 美しく優しいコレクションです。

 

 

[ 角つなぎ ]

 
柔らかな艶がより洗練された印象を与えるボーンチャイナの世界に、唐長文様「角つなぎ」が美しく表現されたシリーズ。

 

KIRA KARACHO(雲母唐長)×ノリタケ新コレクション「ボーンチャイナ・唐長文様 “角つなぎ”」

 

終わることなき浮き沈みの連続が、連綿と続く命の繋がりをも表す文様の意味と共に、テーブルを囲む贅沢なひとときを、より特別に演出してくれます。

こだわりのお料理をより引立てる舞台として。

また、幸せなティータイムをオシャレに彩るアクセサリーのようにも。

センスが光る心豊な時間が、文様を通じてより幸せに溢れ、みなさまを癒してくれます。
 
 

[ 南蛮七宝 金彩 ]

 
煌びやかなボーンチャイナの世界と、円のようにも星のようにも、花や十字にもみえるエキゾチックな唐長文様「南蛮七宝」がオシャレな雰囲気をより一層引き立たせるシリーズ。

 

KIRA KARACHO(雲母唐長)新コレクション・ボーンチャイナ唐長文様「南蛮七宝」

 

モダンな印象もありながら、華やかにも、かわいくもみえるそれぞれの表情は、どのようなお客様からも好まれ、その場がより一層美しく映ることでしょう。

 

 

[ テーブルウェア・フェスティバル2015にて、唐紙師トトアキヒコの講演より ]

 
2015年2月1日から2月9日にかけて、東京ドームにて開催されました「テーブルウェア・フェスティバル2015  – 暮らしを彩る器展-」。

ノリタケカンパニーリミテド様のブース内にて、新コレクションを発表させて頂き、また、2月8日(日)には、同会場で行われましたステージイベントにおいて、唐紙師トトアキヒコによる講演「唐長400年の歴史 唐紙とその文様の物語」(Present by Noritake)も行われました。

 

たくさんの方々にお集り頂き、また、立ち見となってしまいましたお客様も多く、皆さまに見守られる中、トトさんがお話したこととは…

 

テーブルウェア・フェスティバル2015、唐紙師トトアキヒコ講演

 

「唐長がなんで約400年も続いてきたのか、と理由をよく聞かれますが、それは400年の間、唐長の唐紙を必要としてくださる人がいたという歴史な訳です。

おじいさんおばあさんの代から唐長の唐紙を使ってくださり、その子やお孫さんたちがまた、唐長に帰ってきてくれはって、唐紙を新しくしたいと来てくださることもある。

モノはモノだけでは残りません、伝える人間がいてこそ。

つまり、大切にする人がおらんとモノも続かない訳です。

ノリタケさんの食器も同じですよね。

オールドノリタケとよばれるシリーズも存在する程、時代を越えて人々に受け継がれ、大切にされ、それを愛し、求め続けている人々が今なお、いはります。

落としてしまえば一瞬で割れてしまうアンティークのガラスや器なども、なんで残っているかといえば、大切にする人たちがいたから、今に引き継がれるのです。

そんな人々の想いが繋がって今日を迎えていることが、とても素晴らしいことであり、心豊かで幸せな時間だと考えます。

今回のノリタケさんと雲母唐長のコラボによる食器たちも、長く愛でていただけるようなモノになればと願います。」

 

会場にいた方々が、トトさんのお話を聞きながら深く頷かれていた様子も、とても印象的でした。

皆さまもまた、日々、美しいものや心に響くものに囲まれて生活を送り、ご自身の記憶にも通づる今回のお話だったのかな… という感想を持ちました。

 

 

壮絶で尊い歴史を乗り越え、今なお、美しい唐紙とどの時代にも愛され続けてきた文様が唐長には残っています。

そんな世界観がすばらしく表現された今回の新しいコレクション。

ぜひ皆さまの食卓にも、唐長文様が彩るしあわせな時間をお楽しみください。

 

 

※ こちらのコレクションの一般販売は、現在、ノリタケカンパニーリミテド直営店、ノリタケ・大倉陶園 銀座店と、阪急うめだ本店・本館7階にありますショップにて受注販売をしており、今後はその他、全国の各百貨店ショップでも取扱いを予定しております。

また、KIRA KARACHO(雲母唐長)のSHOPやオンラインショップでも、春以降、一部の商品を販売開始予定です。

 

 

【ノリタケカンパニーリミテド 取扱いショップ】

■ ノリタケ・大倉陶園 銀座店

〒104-0061
東京都中央区銀座三丁目4番12号文祥堂ビル2階

TEL :03-3567-6121
営業時間:11:00~19:30
 

 
 
■ 阪急うめだ本店 ショップ

〒530-8350
大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店・本館7階

TEL :06-6361-1381(代表)
営業時間:10:00~21:00
※ 阪急うめだ本店の営業時間に準じます
 

 
…………………………………

 

【雲母唐長(KIRA KARACHO)】

TEL:075-251-1550
MAIL:info@kirakaracho.jp
(火曜・日曜・祝日休 / 不定休あり)
※ 完全予約制

HP:http://www.kirakaracho.jp
Online Shop:http://shop.kirakaracho.jp