KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸 唐長四条烏丸店

10年前の挑戦・輝く未来のために

2014年12月4日、ココン烏丸 唐長 / KIRA KARACHO 四条烏丸店は10歳の誕生日を迎えました。

幾度と足をお運び頂きました京都のみなさまや、観光の際お立ちより頂きました全国、又は海外からのお客様 … ご縁がありました多くの方々に、改めまして心より感謝申し上げます。

 

KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸・唐長四条烏丸店の入り口

 

唐長 / KIRA KARACHO 四条烏丸店の始まりは、今から20年前にさかのぼります。

当時、京都の北に位置する唐長修学院工房の傍らで、唐長11代目の長女・千田愛子が “より多くの方々に唐長の世界や唐紙の魅力を伝えたい” と願い始めた小さなカードショップ。

以来、多くのお客さまに愛して頂き、2004年、「ぜひ京都の中心部へ」との嬉しいお声掛けを頂戴し、ココン烏丸の一階に出店しました。

 

KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸 千田愛子のポストカード

 

一方、ココン烏丸は元々、1938年(昭和13年)に建設された旧丸紅ビルであり、銀行や証券会社が連なるビジネス街の象徴的な存在でした。

激動の昭和の時代と共に、多くの方々に愛され、親しまれたその建物を、10年前、世界的に有名な建築家・隈研吾氏によってリノベーションされ、複合商業施設として誕生したのが「COCON KARASUMA」。

その名は、「古今東西」に賑わいを広げていくように願い名付けられたそうです。

 

 

COCON KARASUMA/古今烏丸のファザード (唐長文様・天平大雲)

 

このビルを見て何より目を惹くのが、建物全体を纏うように、一面に施された唐長文様「天平大雲(てんぴょうおおぐも)」です。

ココン烏丸が新たに生まれ変わる際、ファザードにこの文様を選んだのも愛子さんでした。

 

唐長文様「天平大雲(てんぴょうおおぐも)」は、三つの雲魂を細い尾で連結した連雲であり、天上にうねる唐風の雲はとても縁起の良い瑞雲。

雲は雨を呼ぶことから実りと豊穣を表し、良きことを呼び寄せ運気上昇を願うものでもあります。

また、“雨を呼ぶことで人が雨宿りをするためにその場へ集まってくる” ことから、“縁が集う” などと解釈され、商売繁盛としても愛されている文様です。

 

ココン烏丸館内には、案内板・照明・エレベーター・壁などにも天平大雲が施されています。

その意味を踏まえて、包まれるように中を歩けば、このビルの歴史と文様の意味に、とても大きなチカラを貰える気がします。

 

COCON KARASUMA/古今烏丸のインフォメーション(唐長文様・天平大雲)

 

COCON KARASUMA/古今烏丸の壁(唐長文様・天平大雲)

 

COCON KARASUMA/古今烏丸のガラス(唐長文様・天平大雲)

 

この素晴らしい環境の中でお客様がご来店し易くなり、愛子さんが更に多くの方々に唐紙の世界を発信していこうと誓い、10年。

オープン以来、国内外からたくさんのお客様をお迎えすることが出来、またそんなみなさまに育てられ、今を迎えることができました。

 

節目でもある今年、唐紙額 新シリーズ「fu-kei」がショップで発表され、先行販売が行われています。

 

丸い唐紙の額「hana」や正方形の額「kira」は、唐紙を覆うものがなく、その表情と風合いを直接楽しんで頂けるように作られています。

一方、今回の「fu-kei」シリーズは、唐紙が額装されたもので、“唐紙の風景を望む”という意味合いから命名されました。

まるで絵画のように芸術作品性があり、唐長文様が持つ物語や意味が更に神秘的に感じられるシリーズです。

風合いを生かすため、低反射仕様を用い特殊加工されたものを使用、表面の映り込みが少なく、見る人が、唐紙をすっと目にすることができます。

また、唐紙が保護されているため、場所を選ばず色んなところに飾りお楽しみいただけます。

 

KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸・唐長四条烏丸店のmado額

 

KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸・唐長四条烏丸店のmado額

 

10年前の12月4日。

ココン烏丸のファザードに施された、唐長文様「天平大雲(てんぴょうおおぐも)」。

初めてライトアップされた時のことは、今も忘れない感動的な瞬間だったと、愛子さんは言います。

 

10年後の今。

この場所に歴史が刻まれ、たくさんの出会いから多くの物語が生まれ、より一層、大切な場所に育ってくれました。

 

20年、30年と、街や暮らしや人の心に寄り添うお店として、そして唐紙のある暮らしを様々な角度からご提案できる場所として、唐長/KIRA KARACHO 四条烏丸店を、更にパワーアップさせて発信していきたいと思います。

 

KIRA KARACHO COCON KARASUMA/古今烏丸・唐長四条烏丸店の入り口

 

 

【唐長/KIRA KARACHO 四条烏丸店】

http://kirakaracho.jp/cocon/index.html

京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地 ココン烏丸1階

営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日
TEL:075-353-5885

アクセス:
・地下鉄烏丸線「四条駅」2番出口 四条烏丸西直結
・阪急京都線「烏丸駅」23番出口 三井住友信託銀行口直結
・阪急京都線「烏丸駅」25番出口 三井住友信託銀行四条口直結

 

 

京都の台所とも言われる、たくさんの京都らしい食材が揃う錦市場や、仏光寺、生け花発祥の六角堂など、観光名所も徒歩圏内で散策できます。

 

………………………………..

 

【雲母唐長(KIRA KARACHO)】

TEL:075-251-1550
MAIL:info@kirakaracho.jp
(火曜・日曜・祝日休 / 不定休あり)

HP:http://www.kirakaracho.jp
Online Shop:http://shop.kirakaracho.jp