雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙店舗施工・トトアキヒコの作品

しあわせを繋ぐ場所… アトリエKIRA KARACHO [後編]

新たな旅立ちの日。

お二人が唐紙を選ばれたのは、2014年12月21日…

19年に1度しか訪れない新月と冬至が重なる「朔旦冬至(さくたんとうじ)」の日でした。

 

古来より、冬至は “ 極限まで弱まった太陽が復活する日” と考えられており、太陽と月の “復活の日” が重なる朔旦冬至は、非常におめでたい日とされています。

 

お二人の新しい場所には、唐紙師トトアキヒコによるたくさんの想いが込められた唐紙の作品も納められ、新しい物語が刻まれはじめています。

 

先日のブログ、「幸せを繋ぐ場所… アトリエ KIRA KARACHO[前編]」にて、大阪府豊中市から大阪市北区梅田に整体院を移転される、栗田先生と岡田様にご協力頂き、お二人とKIRA KARACHO(雲母唐長)のご縁が繋がったエピソードと共に、アトリエ KIRA KARACHOの様子や唐紙が生まれるまでをご紹介させて頂きました。

 

そこで今回は、これまでご紹介する機会の少なかった唐紙が生まれる様子や、お二人の新しい場所『リバランス seitai 愛メディカ』について、またその運命をお二人と共にする唐紙作品をご紹介いたします。

 

京都・御所西にある雲母唐長(KIRA KARACHO)アトリエ

 

唐紙のオーダーを承る際、お客様には一度アトリエへお越し頂き、トトさんより唐紙について様々なお話をさせて頂きながら、唐紙に用いる文様や地色(和紙の染め色)、のせ色(文様を和紙へ写し取る色)をお決め頂いています。

(※事情によりアトリエに来れない場合は別対応もしております。)

 

文様の意味や物語をお聞きになられたお客様の中には、ご自身の暮らしを改めて見つめられる方も多く、こんなことやあんなこと、未来への前向きなお気持ちが膨らみ、どんな唐紙が出来上がるのか…とても楽しみにされ、お帰りになるのです。

 

[唐紙が生まれる]

そうして決まった唐紙は、その後どのような手仕事によって生まれるのか…工程を追ってご紹介致します。

 

みなさんは、きらきらとした美しい唐紙をご覧になられたことはありますか?

 

雲母唐長 KIRA KARACHO 唐紙師・トトアキヒコによる唐紙「葵唐草」

 

(さらに…)

続きを読む

祇園・京コムサカフェのタルト

空間と食で京都を堪能できる祇園・京カフェコムサ

京都・四条通りを八坂神社へ向かう途中、四条花見小路を少し先にすすんだところに、今回ご紹介する「Cafe comme ca 京カフェコムサ店」があります。

 

2014年6月にオープンしたこちらのカフェは、“京都の伝統美を追求した空間と食” が話題となり、国内外問わず、多くの観光客も足を運ぶ、京都の新しい人気スポットです。

 

祇園・京コムサカフェ内観

 

祇園・京カフェコムサ入口

 

2階にある店舗へ着くと、コムサさんらしいスタイリッシュでモダンな雰囲気の中、ガラス張りのケーキファクトリーが現れ、パティシエさんがケーキを作っている姿を間近で見ることができます。

(さらに…)

続きを読む

平成27年・唐長初摺り

唐長 391年目のはじまり

一月四日。

唐長では毎年、修学院工房にて初摺りをしています。

 

新たな年を迎えられたことに感謝し、これから始まる一年への期待も込めて、一人ひとりが、唐長文様・宝珠を丁寧に写しとり、唐紙を手摺りします。

 

唐長初摺り・文様「宝珠」

 

 

初摺りをする宝珠の板木には、「正月四日 押初用」の文字が裏書きにあり、唐長の先祖代々がどの時代にも、一月四日に同じ想いで初摺りをしてきたことがわかります。

 

 

newyear04

 

(さらに…)

続きを読む